キッチンタイマーを用意しよう!

百円ショップなどで売っている安いものでかまいません。

必ず、タイムを計測して勉強するという環境をつくりましょう。

計算問題をおこなうにしろ、漢字を学習するにしろ、

常に時間を意識するということが大切です。

「さあ、この計算問題を2分でやってみよう!」

「この漢字を1分で覚えよう!」

などという声がけをして、タイマーを使うと、

子どもの集中もぐっと深まります。

コツは、1分、2分といった単位でおこなうことなのです。

慣れてきたら、ミニテストのような形式で

10分くらいの集中をさせてみましょう。

ラスト5分のときに、ピピピと音が鳴るタイマーもありますから、

ゲーム的な感覚で勉強に集中ができます。

まとめ

勉強をする時に、時間を意識することは重要です。

1分、2分を意識するためにキッチンタイマーが役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です