3つのステップで子どもは進化する!

その3つのステップを

実現させるカギは、

工夫にある!

子どもを勉強面で飛躍的に伸ばしたいと思うなら、

次の3つのステップを常に意識してください。

第1ステップ「反復学習」

学習した内容を何度も何度も繰り返して

揺るぎない土台を造るという学習です。

具体的には、問題集の「基本問題」を徹底的におこなう、

既習範囲の漢字や計算の練習をする、などが

この反復学習にあたります。

つまり、すでに理解している内容を

繰り返すのが反復学習です。

反復は熟練につながり、学習効果を定着させ、

心を安定させます。

第2ステップ「挑戦学習」

ある単元で基本がしっかりとできたら、

その単元で応用・発展的な問題をおこなう、

または次の単元に進むことになります。

これらは両方とも挑戦学習です。

応用問題を解くことも、新しい学習単元に進むことも、

どちらも今まで知らなかったことに挑戦するからです。

挑戦意欲を生み、知的好奇心を育てます。

理解することの感動さえ与えてくれることもあるのです。

第3ステップ「継続学習」

反復と挑戦の学習を完成させていくのが継続学習です。

昔から継続は力なりといいますが、

勉強の継続は自信という大きな力となります。

毎日、反復と挑戦のバランスをとりながら勉強を継続させることで、

学習を習慣化させましょう。学習の習慣化は、学力を爆発的に伸ばしてくれます。

そして大切なのが、「工夫」です。

反復・挑戦・継続学習の重要性はわかりやすいものです。

しかし、いくら重要でも、実行するのはたやすいことではありません。

これを解決するのが「工夫」なのです。

学習を楽しくする工夫、学習効率を上げる工夫・・・など、

次の章で具体的な例をあげて、詳しくご紹介いたします。

まとめ

学力を伸ばすには、反復・挑戦・継続学習の3つがあり、

これを実現するための工夫が大切。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です