集中力をつける!

勉強が10分も続かない・・、すぐに、気が散る・・など、

集中力についての悩みはたいへん多いようです。

本来は、スポーツや武道などで集中力を鍛えることをお勧めします。

スポーツや武道には「試合」があり、「勝ち負け」があります。

自分の意識を能動的にコントロールしないと、

勝てないわけです。

自然に「集中」とはどういう感覚かということがわかってきます。

(TVやゲームに夢中になるのは、

受動的であり、コントロールされている状況です。)

ただ、スポーツや武道をする環境がない、

また行う時間がないというケースも少なくないでしょう。

そこで、即効性のある方法をご紹介します。

1分間の深呼吸です。勉強を始める前に2回おこなってください。

深呼吸は次の点に注意しておこなってください。

用意するものは、ストップウォッチだけです。

①肩幅に足を開いて立って下さい。手は意識せずに下げたままにしておきます。

(リラックスした状態)

②目を閉じるときに、ストップウォッチを押して

1分間を自分の感覚で計ってみます。

③ゆっくりと大きく鼻で吸って、

口から吐き出します。

この吸って吐くという一連の行為を

5秒で行なえば、

4回の深呼吸でちょうど1分になります。

④これを2セットおこなってから、勉強に着手しましょう!

だまされたと思って、ぜひやってみてください。

呼吸を整えるのは、集中する際、最初に必要な要素です。

さらに目を閉じることによって集中を深めます。

呼吸というものは、普段は意識しないものです。

これを自分の中に

意識させることによって、

自分の内側に気持ちを

向けさせることになります。

意識の矢印が自分の外ではなく、

内に向くということが

集中の基本なのです。

まとめ

集中をコントロ→ルするのはむずかしい。

まずは、呼吸を整える練習から始めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です