勉強する場所

最近は、小学校高学年になっても、

リビングやダイニングルームで勉強する子どもたちが

増えてきました。

自分の部屋があっても、リビングでやりたがる子どもが多いと

聞きます。

これはすごくいいことだと思うのです。

親の目の行きとどく場所での勉強は、

子どもの味方になるチャンスです。

一人で集中して勉強する自信がなかったり、孤独を感じたり・・・

なかなか勉強に向かう姿勢をつくれない弱さを

小学生の多くが持っています。

子どもがリビングで勉強している時は、

もちろんテレビを消しましょう。

たとえお母さんの見たいドラマがあったとしても、

ここはグッとこらえてください。

ビデオでもDVDも、録画をしておいて

翌日の昼間にでもゆっくりごらんください。

ポイントは、子どもが勉強をはじめたら、

サッとテレビを消すこと。

恩着せがましくはしないこと。これ、重要ですよ!

子どもが親の見えるところで勉強しているときは、

子どもを観察するチャンスでもあります。

子ども部屋に行った方がいいのでは? という質問もいただきますが、

むしろリビンクの方がいいのです。

子ども部屋に親と二人きりでは、勉強嫌いな子は、

息苦しくなってしまうことが多いからです。

弟や妹がいて、集中できない?

それなら、お兄さんやお姉さんが勉強している時は、

弟・妹も勉強させればいいだけです。

ここは問答無用!きっぱりと弟・妹に強制していい場面です。

自分の部屋で、一人で勉強する方が(本当に)はかどるならば、

それはたいへん立派です。

自分一人で集中して勉強ができるなら、

親があまり口を出す必要がないということですから。

しかし、本当にはかどっているのかはしっかり見届ける必要があると思います。

親の口やかましさが嫌だという理由で、

子どもが自分の部屋で勉強するふりをしている状況になるのは危険ですから。

まとめ

自分の部屋で一人で勉強・・・というより、

むしろ、お母さんの目が届く居間で勉強の方がいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です