反省させない?

反省を強いることは、

思考・行動の硬直化につながる場合があります。

強い反省は、過去の失敗に

囚われることにもなるのです。

失敗や間違いを恐れる気持ちが強くなると、動きが

鈍くなります。

動きが鈍くなるということは、

子どもの自由な発想を妨げます。

さらには、挑戦することに

憶病になるのです。

たとえば、ケアレスミスの多い子どもに

「なんで、あなたは計算ミスばかりするの?」

「いい加減にしなさい!もっと集中しなさい。」

という言葉を投げつけることは、

逆効果です。

なぜかと言えば、この言い方には、

子どもに対する非難が

含まれているからなのです。

非難は反省を強要することになるのです。

このように、言えばいいのです。

「計算ミスが多いと思うけど、

どうすれば少なくなると思う?

集中するためには、

次に何をすればいいと思う?」

つまり、

自分で次に何をすべきか考えさせることが、

解決につながるのです。

反省させるよりも

次に何をすれば同じ失敗をしないか、

考えさせることが大切です。

まとめ

反省は、子どもの思考を硬直化させることもある。

どうすれば同じ間違いを防げるか、子ども自身に考えさせよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です