おどろきと感動の理科!低学年には学習図鑑がおすすめ!

「おどろき」や「感動」によって、

理科という科目への興味が湧いてくることが

少なくありません。

美しい蝶を見たときの感動や、

昆虫を食べる食虫植物の写真を見たときの驚きなどが、

理科学習へのとびらを開くきっかけになることが

多いのです。

小学校1~2年生くらいのお子さんは、

図鑑を読む(見る)といいでしょう。

図鑑のよさは、居間のテーブルの上に置いておけば

いつでも見ることができる、

また、写真などもたいへん美しいものを使用している、

わかりやすい解説がコンパクトに載っている

・・・などなどです。

実際、植物図鑑や昆虫図鑑などの生物図鑑は

動画で見なくともインパクトが強く、

けっこうなリアリティを感じます。

理科学習の入り口として、図鑑をお勧めします。

まとめ

小学校低学年には、特におすすめなのが理科の図鑑です。

植物図鑑、昆虫図鑑などは特におすすめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です