算数の文章題は、音読して解いてみる!

文章題を解くときに、たいへん多いのが

「問題の読み間違い」です!

算数の文章題は、こころして

「ていねいに」読みましょう。

「ていねい」に読むには、音読が一番です。

テストでは音読できませんが、

普段から音読をしていれば問題を

ていねいに読むくせがつくのです。

高学年の算数文章題などでは

複雑な問題も多くなります。

そうなると「問題の重要な箇所にアンダーラインを引く」

お子さんが増えてきます。

ところが、根本的にていねいな読み方ができていなければ、

読み間違いは減らないのです。

たいていの文章題は、いくらていねいに読んでも、

1分もかかりません。

なるべく早いうちから、ご自宅では

「文章題は音読する」というくせをつけましょう。

まとめ

文章題は、音読することによって、ていねいな取り組みが

できるようになり、読み間違いが減っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です