算数は、やはり、計算力!九九で終わらせず、一九一九までイク?

インド式計算ということばを最近よく耳にします。

19×19までを暗記するのがインド式計算だ? という人もいるようです。

もちろん、19×19まで361通りの答えを暗記してしまえば、

今後の計算が楽になることは間違いありません。

9×9までを覚えたら、まず、12×12、つぎに15×15(イゴイゴ)と

段階的にかけ算の暗記に挑戦してみましょう。

最近はテキストやCDもありますので、ずいぶん挑戦しやすくなりました。

ただし、はっきり申し上げておきますが、

単に19×19までを暗記するのがインド式の計算方法ではありません。

インド式計算は、たとえば2桁×2桁の計算の

工夫(面積図など)にその真髄があるのです。

ここでは詳しくインド式の解説をする余裕がありませんが、

参考になる書籍(例えば「インド式計算ドリル…晋遊舎」)なども多く出版されています。

例えば、夏休み、冬休みなどを利用して、

インド式の参考書などを一冊読みとおしてしまうのも面白いと思います。

正方形、長方形の面積を学習したあとであれば、たいへん理解しやすいはずです。

まとめ

インド式計算方法は単なる暗記ではなく、

画期的な計算の工夫が多く、読み物としても面白い。

やはり、計算力!

九九で終わらせず、一九一九までイク?

インド式計算ということばを最近よく耳にします。

19×19までを暗記するのがインド式計算だ? という人もいるようです。

もちろん、19×19まで361通りの答えを暗記してしまえば、

今後の計算が楽になることは間違いありません。

9×9までを覚えたら、まず、12×12、つぎに15×15(イゴイゴ)と

段階的にかけ算の暗記に挑戦してみましょう。

最近はテキストやCDもありますので、ずいぶん挑戦しやすくなりました。

ただし、はっきり申し上げておきますが、

単に19×19までを暗記するのがインド式の計算方法ではありません。

インド式計算は、たとえば2桁×2桁の計算の

工夫(面積図など)にその真髄があるのです。

ここでは詳しくインド式の解説をする余裕がありませんが、

参考になる書籍(例えば「インド式計算ドリル…晋遊舎」)なども多く出版されています。

例えば、夏休み、冬休みなどを利用して、

インド式の参考書などを一冊読みとおしてしまうのも面白いと思います。

正方形、長方形の面積を学習したあとであれば、たいへん理解しやすいはずです。

まとめ

インド式計算方法は単なる暗記ではなく、

画期的な計算の工夫が多く、読み物としても面白い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です